携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のミズガメ「バタグール科(水棲種)」です。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter InstagramTurtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


“リアルタイム”ストックリスト(ミズガメ−バタグールガメ科(1)−)

新着入荷は毎週金曜日の夜、ブログにて公開します!
(木曜はお品書きと写真の簡易版、金曜はテキストを含む完全版)
一週間分の新しい生体が紹介されますので、お楽しみに!

現在販売している生体の一覧は、以下の通りです。
(新着入荷分は、ブログ公開後の土曜以降にリストへ掲載予定)
内容はほぼリアルタイムで更新されますのでご安心下さい。

名称
(和名、品種名など)
画像
(別ウィンドウで表示)
価格
税別(税込)
サイズ
(S / M / L)
性別
(- / ♂ / ♀ / Pr)
数量
(Xは複数)
New! クサガメ / 中国産 (1)(2)(3) 2,000 (\2,200) S - 5
ニホンイシガメ (1)(2) 8,800 (\9,680) L 1
ヨツメイシガメ / CB (1)(2)(3)(4)(5) 168,000 (\184,800) S - 2
ご注文・お問い合わせはこちらから

カントンクサガメ
(国内CB・S)

Chinemys nigricans
カントンクサガメ(国内CB・S)1 カントンクサガメ(国内CB・S)2 カントンクサガメ(国内CB・S)3 カントンクサガメ(国内CB・S)4 カントンクサガメ(国内CB・S)5
価格 SOLD
数量 2
性別
甲長 5.5,6cm
一時の激しい国外流出によりその存続さえ危ぶまれつつも何とか帰って来た漆黒のマウレミス! 旧来は至って通好みのカメでしたがあえてこのタイミングでその良さを改めて見直してみたい、 カントンクサガメが入荷しました。 その名の通りお隣中国を原産とするもうひとつのクサガメとしてよく知られた種類で、 昔からあまり関心の無い人からはただの黒いクサガメと揶揄されることも多かった、 しかしながら根強いファンは実に十年以上もの長いスパンで本種を愛し続け、 今もここ日本でその姿を拝むことができる事実に改めて感謝したい、 これぞまさしく不朽の銘種。 ひょっとすると名前を聞いた傍から嫌な顔をされる方も少なくないかもしれませんが、 ほんの少し前までは過剰なブームにより未だかつてないほどの激しい注目を集め、 いつしか黒いダイヤモンドなどと何処かで聞いたことのあるような俗称で呼ばれる羽目になった、 良くも悪くも再び世間の目に晒されることで時を経て再び実力が試される格好となりました。 確かに業界では近年計測されたデータの中でもずば抜けてトップクラスの最大瞬間風速を叩き出し、 一夜にして時のカメとなったようなある種の錯覚を覚えましたが、 冷静に考えてみると一般の感覚に収まる大きく育ち過ぎないそれなりのサイズ感に加え、 低温への耐性を生かし通年屋外飼育が可能というスペックがシンプルに有難く、 そういった飼育対象種を求めていた日本人のニーズにもピタリと当てはまったのではないでしょうか。 以上のことから、 流行の有無を問わず私たちにとっては明らかに必要とされるべきキャラクターであり、 今後も末永く供給が保たれるべきマストアイテムのひとつだと思います。 今回やって来たのは熱心な愛好家によりあの騒動の最中にもぶれずにコツコツと繁殖が進められていた、 こういった状況においては余計にその有難味が身に染みる国内CBの安心サイズ。 生まれは昨年、冬季は屋内無加温で過ごさせた見た目も中身も充実している個体で、 実は孵化温度もバラバラの複数いる兄弟たちの中から、 よりオスっぽいものとよりメスっぽいものを私が一生懸命セレクトしましたので、 それはつまりどちらかと言えば高い確率でこの二匹がペアになってくれればという願いを込めてみたと言う訳。 さすがにセット限定にはせずそれぞれを単品で販売したいと思いますが、 来年にはその結果が良い方向へ出ていることをお祈りします。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.