携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のミズガメ「バタグール科(陸棲種)」です。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


店内在庫リスト(シンプルver.)
店頭にて販売している生体の一部を、簡易的にリストアップしました。
ここに掲載されていない個体についても、順次アップデートします。
本リスト下部の、詳細な在庫リストと合わせてご参照下さい。
内容はほぼリアルタイムで更新されますのでご安心下さい。
名称(和名・品種名など) 価格 数量 性別
(-・♂・♀・Pr)
サイズ
(S・M・L)
画像
(別ウィンドウで表示)
セマルハコガメ \36,000 1 L (1)
ご注文・お問い合わせはこちらから

アンボイナハコガメ
(S)

Cuora a. amboinensis
アンボイナハコガメ(S)1 アンボイナハコガメ(S)2 アンボイナハコガメ(S)3 アンボイナハコガメ(S)4 アンボイナハコガメ(S)5
価格 \12,800
数量 1
性別 -
甲長 7cm
ただでさえ背の低い基亜種の中でも同ロットからより扁平なものをセレクトしたこれぞスーパーフラット! 最近では特に輸入量が減少してしまっただけにあえてこのタイミングで強めにご紹介したい、 アンボイナハコガメが入荷しました。 古くはマレーボックスと呼ばれていた主に東南アジアを原産とする本種は、 悲しいかな世界でもトップクラスの稀少種を同属に抱えたまま、 実に肩身の狭い思いをし続けながら今日まで過ごしてきました。 その侘しい光景たるや、さながらみにくいアヒルの子といった具合でしょうか。 最後の落ちで見事な白鳥になるかどうかは定かではありませんが、 美しさの頂点を極めたような他のアジアハコガメたちに虐げられ、 たまたま安価に出回っていたことも災いしたものと思われますが、 時に偽者のような扱いを受けることすらあり、 どんどん居場所を失っていく様子は傍で見ていて辛いものがありました。 ハコガメと名乗りつつもセマルのように陸上を巧みに歩き回る訳ではなく、 それならば水の中で頑張ろうと思った矢先にミスジやコガネなど美貌では到底叶わない強敵が立ちはだかり、 他者と比べられ続けた結果どんどん陰に隠れていってしまったのです。 それでは属単位ではなく種という単位で向き合った場合、 このマレーハコガメが持つ魅力とは一体何なのでしょうか。 それはずばり広大な分布域に伴うバラエティ豊かな地域変異にこそあると考えられ、 大陸部はミャンマーやベトナム、島嶼部はインドネシアやフィリピンといったように、 同エリアを制した圧倒的成功者であると捉えることができ、その証として正式に四亜種、 これら以外にも未記載の地域個体群がいくつか知られているかなり面白いヤツなのです。 惜しむらくは今日時点でその全てが一堂に会することは極めて難しく、 ホビーとして今が旬であるとはとても言い難い絶妙な悲しさもありますが、 せめて利用可能なものだけでも堪能できればカメも幸せなのではと思う次第です。 今回やって来たのは全タイプ中最も甲羅が薄いとされるアンボイネンシスより、 冒頭でも触れた通り個体差の範疇でやたらと厚みが感じられなかったネタ的選抜個体。 正直に白状すると、ハコガメとして生きていく上で甲羅が盛り上がらないのは致命的であり、 そんな理由からシャムやジャワに比べ支持率の低さが否めないアンボイナですが、 ここはいっそ開き直って立派な水棲種のひとつだと考えれば、 今はなきアンナンガメをも彷彿とさせるそのすっきりとしたシルエットに、 突き抜けた気持ち良さのようなものがあって私は大好きです。 念のため最後にダメ押ししておきますが、 顔面の模様およびコントラストが最も綺麗に見えるのは間違いなくこのアンボイナです。

シャムハコガメ
(ベトナム産・S)

Cuora a. kamaroma
シャムハコガメ(ベトナム産・S)1 シャムハコガメ(ベトナム産・S)2 シャムハコガメ(ベトナム産・S)3 シャムハコガメ(ベトナム産・S)4 シャムハコガメ(ベトナム産・S)5
価格 SOLD
数量 1
性別 -
甲長 9cm
全ての亜種が軒並み入手困難になる中で実物を拝めるだけでも有難い正真正銘ベトナム産カマロマ! 野球ボールぐらいのサイズにしてジャワともアンボイナとも異なる威厳溢れる雰囲気が堪らない、 シャムハコガメが入荷しました。 マレーハコガメと言えば私たちにとっては昔から馴染み深いミズガメの一種で、 と言うのもアジアハコガメ四天王の面々は勿論のこと、 セマルハコガメですらこの数年で手に入り難くなってしまった傍ら、 本種だけはほんの何年か前まで相変わらずのリーズナブルさが売りでしたから、 たとえいわゆるハコガメの飼育方法が通用しなくとも箱になれると言う付加価値で人気を維持してきました。 しかしながらどうしても水棲種、 つまりイシガメやクサガメと同じような飼い方をしなければならないことがネックになり、 土の上をのしのし歩かせることができないがためにまるで偽物のような扱いを受けていたのも事実。 本人にとっては知ったこっちゃないと言うのが本音でしょうが、 我々はマレーの素晴らしさに気が付くのに少しばかり時間をかけ過ぎてしまったのかもしれません。 大陸部から島嶼地域にかけて広大な分布域を持つ本種は四亜種に分けられるだけでは無く、 場合によっては特定の地域や島によっても独立したタイプが認められるケースもあり、 時既に遅し感も否めませんが手に入る内になるべく多くの個体を確保できればと切に願うばかりです。 今回やって来たのはインドネシアからわさわさ大量輸入されていた他亜種とは異なり、 かねてよりそれほど姿を見かけることの無かったレア亜種カマロマ。 最も甲高になると言うブランドは現在に至るまで高い評価を獲得し続けていますが、 なかなかまとまった量で流通することが無かったために、 普及が遅れたまま幻となりつつある貴重なマレーボックスと言えます。 よく見慣れた方なら早くもお気付きのことでしょうが、 お馴染みの亜種と比べて少し神妙な面持ちからは独特の空気が漂い、 それはどうやら耳の後ろの黒いラインが太く瞳が小さく見えるからだと思われ、 正面から見た時の跳び箱体型はこのサイズでも顕著に形づくられており、 成長に連れて背中がボコッと盛り上がった全くの別物へと変貌していくのです。 まだまだアンセクシュアルな大きさですがとにかく数の集まらないシャム、 状態の良いものは構わずゲットしておいて損はありません。

グァテマラアカスジヤマガメ
(ハイカラー)

Rhinoclemmys p. incisa
グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー)1 グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー)2 グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー)3 グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー)4 グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー)5
価格 SOLD
数量 1
性別 -
甲長 5.5cm
インシサ史上最高の美しさで魅せる甲羅から顔から手足から赤という赤が溢れ出す恐るべきハイクオリティ! 新たな成長線にじわりと滲む赤の程度は末恐ろしく瞳の青さもいつも以上に際立つこれぞオンリーワンな、 グァテマラアカスジヤマガメが入荷しました。 アカスジヤマガメの仲間はかなり昔から国内への輸入実績がありながら、 他種の人気に押されてばかりでなかなか日の目を見ることがなかったマイナーなキャラクターで、 どうやら他のカメとのポジションが被った末に競り負けてしまい、 なかなか自分の居場所を見つけられなかったのではないかと思います。 アメリカ大陸に棲息する唯一のイシガメ科という興味深い特徴を持ちながら、 結局は同じくアメリカを本拠地とし陸棲という生活様式もまたバッティングしている、 その名もアメリカハコガメという大人気集団の勢いに押されっ放しで、 またイシガメ科の本場であるアジア圏には興味深い陸棲種が数多く存在しているため、 そのどちらでもない彼らと彼らのファンは両者の板挟みになり、 長きに渡り非常に肩身の狭い思いを強いられてきたのでした。 ところが昨今ではかつての常であった状況も次第に変わりつつあり、 アメハコたちは国内での繁殖がコンスタントに続けられ幸いにして供給は安定し、 あれほどマニアを喜ばせてきたアジアンタートルたちはその殆どが市場から姿を消してしまったため、 前者は見慣れるように、そして後者は見ることすら困難になったことで、 世間がノータッチであったアメリカヤマガメたちが注目されるようになってきました。 しかも単純に野生個体がドカドカと輸入されるだけではなく、 色彩に拘った繁殖個体が僅かずつながらも流通するようになったことで、 リノクレミスの秘めたる素質が引き出されると共に人々の心を動かしつつあるのです。 今回やって来たのはこれまで目にしたインシサの中でもトップレベルの赤さを誇る、 下手をすればアカスジ四亜種の中で一番綺麗なのではと思わせる出来栄えの絶品。 確かに本亜種は分布域が最も広いために地域変異も激しいようなことを聞いてはいましたが、 メキシコよりもコスタリカよりも圧倒的に地味で渋い色合いだと散々揶揄されてきただけに、 まさかここまで強大な力で反撃してくるとは夢にも思いませんでした。 背中は元々の緑色を残しつつも濃厚な赤味に全体が覆われた、 季節外れのクリスマスカラーが何だか可愛らしく、 頬や首筋、四肢の隅々にまで更に深みのある赤が体中を焼き尽くす勢いで発色しています。 この色味は成長に伴い更に強まる可能性が十分にありますので、 少なくとも劣化することはなく未だ見ぬ真っ赤なインシサに仕上がるでしょう。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.