携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のミズガメ「バタグール科(陸棲種)」です。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


シャムハコガメ
(ベトナム産・S)

Cuora a. kamaroma
シャムハコガメ(ベトナム産・S)1 シャムハコガメ(ベトナム産・S)2 シャムハコガメ(ベトナム産・S)3 シャムハコガメ(ベトナム産・S)4 シャムハコガメ(ベトナム産・S)5
価格 \39,800
数量 1
性別 -
甲長 9cm
全ての亜種が軒並み入手困難になる中で実物を拝めるだけでも有難い正真正銘ベトナム産カマロマ! 野球ボールぐらいのサイズにしてジャワともアンボイナとも異なる威厳溢れる雰囲気が堪らない、 シャムハコガメが入荷しました。 マレーハコガメと言えば私たちにとっては昔から馴染み深いミズガメの一種で、 と言うのもアジアハコガメ四天王の面々は勿論のこと、 セマルハコガメですらこの数年で手に入り難くなってしまった傍ら、 本種だけはほんの何年か前まで相変わらずのリーズナブルさが売りでしたから、 たとえいわゆるハコガメの飼育方法が通用しなくとも箱になれると言う付加価値で人気を維持してきました。 しかしながらどうしても水棲種、 つまりイシガメやクサガメと同じような飼い方をしなければならないことがネックになり、 土の上をのしのし歩かせることができないがためにまるで偽物のような扱いを受けていたのも事実。 本人にとっては知ったこっちゃないと言うのが本音でしょうが、 我々はマレーの素晴らしさに気が付くのに少しばかり時間をかけ過ぎてしまったのかもしれません。 大陸部から島嶼地域にかけて広大な分布域を持つ本種は四亜種に分けられるだけでは無く、 場合によっては特定の地域や島によっても独立したタイプが認められるケースもあり、 時既に遅し感も否めませんが手に入る内になるべく多くの個体を確保できればと切に願うばかりです。 今回やって来たのはインドネシアからわさわさ大量輸入されていた他亜種とは異なり、 かねてよりそれほど姿を見かけることの無かったレア亜種カマロマ。 最も甲高になると言うブランドは現在に至るまで高い評価を獲得し続けていますが、 なかなかまとまった量で流通することが無かったために、 普及が遅れたまま幻となりつつある貴重なマレーボックスと言えます。 よく見慣れた方なら早くもお気付きのことでしょうが、 お馴染みの亜種と比べて少し神妙な面持ちからは独特の空気が漂い、 それはどうやら耳の後ろの黒いラインが太く瞳が小さく見えるからだと思われ、 正面から見た時の跳び箱体型はこのサイズでも顕著に形づくられており、 成長に連れて背中がボコッと盛り上がった全くの別物へと変貌していくのです。 まだまだアンセクシュアルな大きさですがとにかく数の集まらないシャム、 状態の良いものは構わずゲットしておいて損はありません。

オオヤマガメ
(ベビー)

Heosemys grandis
オオヤマガメ(ベビー)1 オオヤマガメ(ベビー)2 オオヤマガメ(ベビー)3 オオヤマガメ(ベビー)4 オオヤマガメ(ベビー)5
価格 \29,800
数量 1
性別 -
甲長 7cm
カメのベビーは可愛い、とは言え早くも王者の風格を漂わせるその佇まいに圧倒されるアジアンタートルのドン! この愛くるしさはあくまでも仮の姿であるとストイックな気持ちで育成に専念したい、 オオヤマガメが入荷しました。首領と書いてドンと読む、 もしアジアのミズガメたちにとってそのような役柄が当てはまる種類がいるとすれば、 そのキャラクター性からオオヤマガメが適任なのではと多くのファンがそう感じると思います。 学名にはグランディス、 英名にもご丁寧にジャイアントと冠せられたその実寸はアジアに産するカメでは最大、 ではないところが何とも不思議なところなのですが、 それでは一体何を以ってそのように大胆なネーミングが与えられたのでしょうか。 一番つまらないことを申し上げると最も大きなカメはやはりスッポンの一種であり、 普通のカメの形をした奴等の中でもボルネオやカラグールなど強豪が犇く状況において、 オオヤマガメの何が大きいのかといえばもはや態度のデカさ以外には考えられません。 下手をすれば悪口にしか聞こえませんが無論そのような意図は一切なく、 大半の大型種が人知れず水の中で巨体を操っているのに対し、 こちらオオヤマは堂々と陸上へ登ってきては首を長く伸ばしたまま日光浴を堪能し、 人影が接近しようが気にも留めず持ち前のマイペースで優雅な時間を過ごす日々、 と現地で見られる彼らの生き様を想像すればそのような光景がありありと浮かんできます。 つまり人間サイドから見た場合に実際の甲長よりもずっと大きなものに感じられるところがミソで、 その豪胆な生き様こそまさしくオオヤマガメにしかない魅力そのものであり、 やんちゃでパワフルなガキ大将をご家庭で手懐ける行為にどうか快感を覚えて頂きたいのです。 今回やって来たのは実に数年ぶりにその姿を見せてくれたピカピカの幼体で、 どうせ怪獣、怪物を自身の支配下に置くのであれば幼い頃からと思い描く方も多いと思います。 輸入された時点でのコンディションも良好で甲羅がエビやカニのようにベコベコとした不安な状態ではなく、 既に人工飼料にも楽々餌付き体全体に張りが感じられる安心サイズになりました。 育て方については基本的なセッティングから与えられるべき餌のメニューまで、 様々な方法があり同時に様々な意見が飛び交う場面もありますが、 実際には極めて単純なもので水棲ガメの基本を守ればどなたでも致命的なミスを犯すことはないでしょう。 毎年コンスタントに出回るようなレギュラーアイテムではないことを承知の上で、 気持ちさえ固まれば後の心配は後でするという方向でいっそ突き進んでみては如何でしょうか。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.