携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のミズガメ「ヌマガメ科」です。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter Instagram Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


“リアルタイム”ストックリスト(ミズガメ−ヌマガメ科−)

新着入荷は毎週金曜日の夜、ブログにて公開します!
(木曜はお品書きと写真の簡易版、金曜はテキストを含む完全版)
一週間分の新しい生体が紹介されますので、お楽しみに!

現在販売している生体の一覧は、以下の通りです。
(新着入荷分は、ブログ公開後の土曜以降にリストへ掲載予定)
内容はほぼリアルタイムで更新されますのでご安心下さい。

名称
(和名、品種名など)
画像
(別ウィンドウで表示)
価格
税別(税込)
サイズ
(S / M / L)
性別
(- / ♂ / ♀ / Pr)
数量
(Xは複数)
キボシヌマガメ(ヨーロッパヌマガメ) (1)(2)(3)(4) SOLD M 1
トウブニシキガメ / USCB (1)(2)(3)(4) SOLD S - 1
アラバマチズガメ / EUCB (1)(2)(3) 148,000 (\162,800) M 1
ヒラチズガメ / USCB (1)(2)(3) 63,000 (\69,300) S - 1
ミシシッピチズガメ / アルビノ - ASK M - 1
カロリナダイヤモンドガメ / コンセントリック / ホワイト (1)(2)(3) 98,000 (\107,800) M - 1
リオグランデクーター / USCB (1)(2)(3)(4) 28,000 (\30,800) S - 2
ブラジルクジャクガメ / USCB (1)(2)(3)(4)(5) SOLD S - 2
New! ミツユビハコガメ / WC (1)(2)(3)(4)(5) 128,000 (\140,800) L 1
ご注文・お問い合わせはこちらから

ミシシッピチズガメ
(アルビノ)

Graptemys kohnii "var"
ミシシッピチズガメ(アルビノ)1 ミシシッピチズガメ(アルビノ)2 ミシシッピチズガメ(アルビノ)3 ミシシッピチズガメ(アルビノ)4 ミシシッピチズガメ(アルビノ)5
価格 ASK
数量 1
性別 -
甲長 3cm
日本国内はおろか世界的に見ても殆ど流通した例の無いリアルレッドアイアルビノマップ! 透き通る素肌から血管のように浮き出た緻密な模様が描く美しさにため息が漏れる至宝の一匹、 T-アルビノのミシシッピチズガメが入荷しました。 どれほど時代を遡ろうとも恐らくここ日本で出回るのは初めての出来事ではないでしょうか、 チズガメ自体は多くの種類において飼育下での繁殖例も多く、 CITES入りしてもなお国内外でブリードされた個体が市場でもしばしば見かけられますが、 色彩変異や改良品種ともなると話の展開は突如として変わって参ります。 水棲ガメ屈指のミューテーションを擁するアカミミガメ、 スライダーとチズガメは分類的にも近縁なことから何処となく似たような光景を連想させますが、 チズガメ属においては実際のところT+アルビノすらもろくに確認されておらず、 昨今では種類を問わず特に需要の高いリアルレッドアイ、 つまりT-アルビノともなると全く以って奇跡としか言いようがありません。 最近ではこういった突然変異の個体を見るや否やすぐさまブリーディングが連想され、 この形質を如何様にして固定するかと言うことばかりに気が向いてしまいがちですが、 昔のマニアは違いました。 もちろんそのような趣味嗜好を頭から否定するつもりはありませんが、 まず第一に考えるのは世界に数えるほどしかいないのかもしれない目の前のカメを精一杯愛でること、 他の誰とも共感することができないのかもしれない究極の自己満足に悦楽すること、 そんな感情をしこたま味わい魅力の全てを一滴残らず吸い尽くしてから、 余計なことは時を経て暫くしてから考えたとしても決して遅くは無いと思います。 今回やって来たのはご覧の通り他では代わりの利かない絶世の美貌をひけらかす、 正真正銘混じり気の一切無いミシシッピチズガメのアルビノ。 耳にするのも目にするのも初体験、 この小さな体から発せられるエネルギーの大きさに鳥肌が収まらず、 そう遠くは無い将来の姿を想像するだけでも失神しそうな勢いで、 これはあくまでも個人的な感想ですが、 何となくニセチズガメでは無くてミシシッピだったのが妙に嬉しかったです。 入荷して間もない頃は冷凍アカムシ中心の生活でしたが、 程無くして乾燥エビに慣れたかと思えば首尾良く人工飼料にも餌付き、 見た目ほどハラハラさせられる場面も無くなりました。 今ここでひとつの大いなる夢を現実のものとして下さい。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

ヌマガメ科 バタグールガメ科
(水棲種)
バタグールガメ科
(陸棲種)
ドロガメ科 ヘビクビガメ科
ヨコクビガメ科
カミツキガメ科・オオアタマガメ科・メキシコカワガメ科
スッポン科・スッポンモドキ科

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.