携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のリクガメです。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


バブコックヒョウモンガメ
(シルバーアイリス)

Geochelone p. babcocki
バブコックヒョウモンガメ(シルバーアイリス)1 バブコックヒョウモンガメ(シルバーアイリス)2 バブコックヒョウモンガメ(シルバーアイリス)3 バブコックヒョウモンガメ(シルバーアイリス)4 バブコックヒョウモンガメ(シルバーアイリス)5
価格 SOLD
数量 1
性別 -
甲長 8.5cm
通常は真っ黒な瞳が可愛らしいヒョウモンガメですが、 この個体は鋭い目付きが格好良い、虹彩が明色に変異したまさかの稀少シルバーアイリス! ひとたび育て始めれば一生ものとも言える大型のリクガメですから、 他とは丸っきり違ったオンリーワンの特徴に惹かれてみるのも悪くないでしょう。 言うまでもなく餌食いなどに問題はありませんので、我こそはという方へ。(以下同文)
何となく湿っぽい雰囲気からスタートするのは本意ではありませんが、 昨今のヒョウモンガメを眺めているとその陰にチラリとよぎるのが、 今やその姿を拝むだけで精一杯とでも言わんばかりに稀少になってしまったホシガメの存在。 柄モノのリクガメという必ず欲しい人がいるジャンルの定番キャラクターであり、 リクガメのことをそもそも知らなかった層に対しても猛烈にアピールできる、 業界としては絶対に手放してはならなかった逸材中の逸材でした。 そのすっぽりと抜けたかに見えた穴をできる限り塞ぐべく白羽の矢が立ったのが、 もしかしたらこのヒョウモンなのではないかと最近では考え始めるようになり、 あちらホシガメの方がより顕著ではありましたが、 こちらもまたかつて輸入状態が芳しくなかった時代が長く続いていたため、 正直あまり良い印象を抱いていない方も少なくないと思います。 またある程度大型に成長することもホシガメとの違いで、 しかしそれについては大きくなることを歓迎する向きも強まっているため、 一概にデメリットとは言えずむしろメリットになる場合も多いようです。 最近では飼育方法がある程度解明され、 日本に到着したばかりのコンディションもいくらか改善されたお陰で、 ようやくペットとして普通に育てられるだけの土台が整ってきた感があります。 今回やって来たのは指で押してもカチカチの甲羅が嬉しい安心サイズ。 成長はゆっくりなのでいきなり大きなケージを要する訳ではありませんから、 将来的に大きなリクガメをと夢見る方にはうってつけの有効な選択肢です。

バブコックヒョウモンガメ
(ホワイト・♀)

Geochelone p. babcocki
バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♀)1 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♀)2 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♀)3 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♀)4 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♀)5
価格 SOLD
数量 1
性別
甲長 28cm
稀少なメスの出物であることに始まり、優に十年以上飼い込まれ今や三十センチ近くもある巨体を持ち、 多くの人々が羨む白地の強いボディカラーや、各甲板が癒着せず見事に並んだ美しい仕上がりなど、 本種を愛するファンが思わず手を伸ばしてしまう、喜び要素満載の壮絶ハイクオリティ! ホシガメなき今、綺麗なヒョウモンガメに対する需要増は避けられません。 泣いても笑ってもオンリーワンの限定一匹、お早めに!(以下同文)
決して並外れた稀少性のある珍しい種類と言う訳でもなく、 はたまた恐ろしく飼育管理にテクニックを要する難関種と言う訳でもない、 どちらかと言えばいつも私たちの傍にいてこちらが望みさえすれば手に入れることのできる、 ペットとしての歴史も長い代表的な銘種のひとつ、ヒョウモンリクガメ。 かつてリクガメには水を飲ませてはいけない、 カラッと乾燥した暖かい場所でドッグフードや九官鳥の餌を与えて育てる、 そんなあやふやな迷信がすっかり信じ込まれていた時代より、 立派なエキゾチックアニマルとしてここ日本でも飼育されていました。 皆さんご存知の通りカメとは元来強健な生き物ですから、 そんな風にピントのズレた状態でも何となく生き延びてしまい、 しぶとく命を繋いでいた個体も中にはいたのではないかと思われますが、 最終的には無理がたたって命を落としてしまうケースの方が圧倒的に多く、 可能性としての寿命とはかけ離れた短い期間で生涯を終えることは、 こちらとしても望んでいた結果ではありませんでしたから、 先人の試行錯誤の積み重ねによって今日の飼育マニュアルのようなものが確立され、 多くの愛好家が一匹のリクガメを逞しく育てられるようになりました。 しかしながら他種に比べて長い生育期間を設けなければならないこのヒョウモンガメについては、 未だに大型個体の出物と巡り合えるケースは稀であって、 これほど素敵は出会いは十年に一度、いやそれ以上の感動を呼ぶ出来事ではないかと強く感じています。 今回やって来たのはほぼ30センチクラスに到達した巨大なメスで、 本種にしばしば起こる各甲板の癒着跡もほぼ全く見当たらない、 何処から見渡しても仕上がり最良なクオリティの高さに脱帽の一言。 シンプルにメスの方が少ないためレアリティの高さはお墨付きで、 加えてこれまでの運動量を証明するかのような強靭な足回りは、 少し野外を散歩させればじっくりと感じ取れる目に見えない付加価値となっています。 彼女の一生はもちろんこれでおしまいではありません、 当面の目標はひとまず30センチオーバーとして、 更なる高みを目指し再び目の前の一歩を踏み出しましょう。

ナミビアヒョウモンガメ
(ベビー)

Geochelone p. pardalis
ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)1 ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)2 ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)3 ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)4 ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)5
価格 \69,800
数量 1
性別 -
甲長 5.5cm
到着して間もなく誰に遠慮することもなくMazuriリクガメフードを爆食した過去最強クラスの優等生! ただのヒョウモンガメに非ず、模様が異なり並のヒョウモンに比べより大型化する珍しいタイプの、 ナミビアヒョウモンガメが入荷しました。 最新の分類ではStigmochelys属にたった一種で独立したことになっている、 今日では貴重な柄付きリクガメとして有難がられている言わずと知れた往年の銘種。 つまりホシガメやパンケーキガメなどが軒並みCITES入りする中で、 一般に広く流通するリクガメの中では唯一と言っても良いほど、 背中にそれらしいデザインが施されたものは却って少数派となっており、 陳腐な表現ではありますが如何にもリクガメらしいシルエットも相まって、 特にこの数年では歴史的に見ても人気が最高潮に達しつつあるものと思われます。 先に触れたStigmochelys属に移行する際に、 かつて基亜種ナミビア、亜種バブコックとされた分類は無効になる説が強まり、 というのも結局は中間的な個体群がその境目を曖昧にしているからなのだそうですが、 とは言え我々の認識ではナミビアやバブコックだけではなく、 妙に巨大化することで知られるソマリアや、最近になって輸入され始めたケニアを由来とする個体群など、 下手をすれば大きく二分することさえ難しい、 四つにも五つにも分けたくなるようなバリエーションが実在するために、 ホビー的には今後も面白おかしく見分けていければと思う次第です。 今回やって来たのはピカピカのベビーサイズで輸入された美しきナミビアヒョウモンより、 初期状態に拘ってセレクトしたところ恐るべきスタートダッシュを切ってくれたこんな一匹。 正直、初見の印象としては小さ過ぎやしないかとハラハラしていましたが、 そんな心配を他所に初給餌からいきなりMazuriのみでお腹いっぱい平らげ、 入店してまだ数日のはずが早くも成長線がうっすら伸び始めた、 気味が悪いほどに明朗快活な誰でも育てられる最高のコンディションです。 気になる外観はナミビアらしく焦げ茶主体のカラーリングに、 甲羅の縁がギザギザとする辺りもバブコックに比べ明らかに異質で、 何処となくチャコリクガメなどを思わせる野生的な風貌に惚れ惚れします。 体の模様についてはよく言われているように地肌にびっしりとごま塩が入り、 くるりと後ろを向ければお尻の周りにも同じようなスポットがはっきりと見て取れます。 せっかくの一生ものですから綺麗な絶品に仕上げたいとお考えの方へ、 お渡しの際には誰もが振り返るほどのシルエットに仕立てるべく、 抑えるべきポイントを詳細な飼育方法と合わせてご案内したいと思いますので、 リクガメ飼育が初めての方でもご安心下さい。

スマトラムツアシガメ
(S)

Manouria e. emys
スマトラムツアシガメ(S)1 スマトラムツアシガメ(S)2 スマトラムツアシガメ(S)3 スマトラムツアシガメ(S)4 スマトラムツアシガメ(S)5
価格 SOLD
数量 1
性別 -
甲長 11cm
極小のひよっこではなくいきなり重たくもない絶妙なボリュームから楽しめるスターターサイズ! 成長段階の初期をリアルな磨耗と共に野生で済ませているためこの先もナチュラルな仕上がりが期待できる、 スマトラムツアシガメが入荷しました。 原始的という三文字は生き物の特徴を表すのに大変便利なキーワードとなり、 そう言っておくだけで何だか様になったような気がしますし、 太古の昔から生き延びてきたとか恐竜時代がどうのこうのとか、 対象となるものの高い生命力を感じさせるような魔法の言葉として用いられます。 ただしそれは何かしらの根拠に基づいているとは限らない場合もあって、 ただ単に見かけの雰囲気がそれっぽいというだけの場合もあれば、 生物学的に長く姿かたちを変えないまま暮らし続けてきたという場合もあるでしょう。 ムツアシガメとは現存する種類がたったの三つから成る小さなグループで、 ペットの世界においても明らかにマイナーなキャラクターであることは否めませんが、 その特異な容姿から長年に渡り一定のファン層を抱え愛され続けてきました。 パッと見の印象からして一般的なリクガメとはかなり異なっており、 実際に分類事情を紐解いてみるとリクガメをまず二つに大別する時、 それはリクガメ亜科とゴファーガメ亜科の二手に分かれ、前者には殆ど全てのリクガメが、 後者にはゴファーガメとムツアシガメのみが振り分けられる格好となります。 更に種小名のemysとは英語のtortoiseと同義のため、 ここに名付け親の思いが込められていないという方に無理があると思えるほど、 真の意味で原始的なリクガメであると考えても差し支えないのです。 今回やって来たのはイエローエミスという俗称も懐かしく感じられるほど、 すっかりご無沙汰であった久々のスマトラムツアシから、 これまたあまり見かけられない珍しい安心サイズの一匹。 輸入されるものの多くは性別が判別できる手前ぐらいの大柄なものが多く、 或いはベビーで来てしまうと甲羅がふわふわとした本当のベビーになってしまい、 セーフティな体格で育て甲斐もある都合の良い出物はなかなかありません。 見た目はカメというよりも戦車のようにメカニカルな迫力があり、 まるで果物の王様ドリアンがトランスフォームしたかのような、 全身トゲトゲの格好良さは唯一無二の特長です。 腹甲の甲板も見事に二手に分かれ混じり気なし。 神経質とされながらもやはり重要なのは初期状態、 早くもMazuriリクガメフードに餌付いてしまったこの個体と共に、 素敵なムツアシライフをお過ごし下さい。

スマトラムツアシガメ
(S)

Manouria e. emys
スマトラムツアシガメ(S)1 スマトラムツアシガメ(S)2 スマトラムツアシガメ(S)3 スマトラムツアシガメ(S)4 スマトラムツアシガメ(S)5
価格 SOLD
数量 1
性別 -
甲長 13.5cm
まるで苔生したかの如く渋格好良いカラーリングが素敵なイエローエミスならぬグリーンエミス! カメがカメとしてこの地球上に誕生した瞬間に立ち会っているかのような、 まさしく原初のカメを見せ付けられた、そんな気分に浸ることのできる稀少な存在です。 磨かれれば磨かれるほど、つまり成熟すればするほどその魅力は何倍にも膨れ上がる、 ペットとしては色々な意味で規格外のスケールで勝負を挑んでくる凄まじきリクガメ。 入荷後程なくしてMazuriリクガメフードに餌付き、それをほぼオンリーで育ててみたところ、 Mazuriの性能も然ることながら個体の素質も讃えてやりたい、 極めて順調な成長過程を辿っているナチュラルテイストな超健康体です。

ヒガシヘルマンリクガメ
(スロベニア産)

Testudo h. boettgeri
ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)1 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)2 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)3 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)4 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)5
価格 SOLD
数量 4
性別 -
甲長 5〜6cm
より可愛らしい方かより安心な方か、大人気の定番種をスタート時期が選べるツーサイズ展開にてご用意! いつにも増して黄色い部分の面積が広い一目見て明るく美しく映える綺麗な個体ばかりをセレクト、 スロベニア産のヒガシヘルマンリクガメが入荷しました。 生き物の世界にはどのようなジャンルにおいても大抵初心者向けという枠が用意されていて、 それは意味を履き違えてしまうと大変なことになってしまうのですが、 無論いい加減に育てて良いだなんてそんな乱暴な意味合いではなく、 その種類自体に生まれながらにして備わる高い耐久力があったり、 或いは幅広い環境に対して適応できる力を持っていたりするパターンが多く、 そのため多くの人々がペットとして付き合う上で扱い易さが感じられるというものです。 このヘルマンというのは恐らく世界中に散らばる全てのリクガメの中で、 最も人間社会に順応できるスペックを有する非常に有力な選択肢のひとつであり、 実際に今日では養殖が進められいつでも私たちの手元に呼び込めるよう準備が進められています。 しかし彼らが偉いのは何も頑強な体を持っていたばかりではなく、 それが人間から見て飼ってみたい、育ててみたいと強く思わせる魅力に溢れているからでしょう。 具体的にどの部分がどのようにそう作用しているのかは分かりませんが、 如何にもリクガメらしい容姿や仕草がファンの期待を裏切ることなく、 みんながイメージしていたリクガメ像を地で行くぶれないスタンスが好評に繋がっているのかもしれません。 つまり我々が我々の都合や事情だけで一方的に決め付けることはできず、 ビギナーからマニアまで幅広く愛されるための素質はこの世に生を受けた最初から決まっていて、 全てが奇跡的に結び付いたその時に初めてこのようなスターが世に送り出されるのです。 今回やって来たのは過去に何度か取り扱っているスロベニア産のベビーより、 入荷して暫く店内で育成し全ての個体がMazuriリクガメフードにしっかりと餌付いた有望なメンバーたち。 かつてはマケドニア産など異なる地名が冠せられたタイプも流通していましたが、 あまりロカリティを気にし過ぎるのは窮屈になるため好ましくないとは思いつつも、 何も知らされないよりは彼らの故郷に思いを馳せるきっかけとなれば幸いです。 ニシではバンド状に太くなり易い背甲の黒い模様については、 墨汁を垂らしたような斑状になっていて如何にもヒガシらしいと感じさせるデザインになっています。 たとえリクガメの飼育が全く初めての方でも、 当店では何もかもゼロの段階から最高のステージにまで叩き上げるようご指導しますので、 まずは店頭にてお気軽にお問い合わせ下さい。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.