携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のリクガメです。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Information

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


キアシガメ
(ベビー)

Geochelone denticulata
キアシガメ(ベビー)1 キアシガメ(ベビー)2 キアシガメ(ベビー)3 キアシガメ(ベビー)4 キアシガメ(ベビー)5
価格 SOLD
数量 2
性別 -
甲長 6cm
その眩い輝きは足元だけに留まらず全身を黄色という黄色で埋め尽くすリクガメ界屈指の美麗種! 数年に一度しか巡り会えない稀有な存在であるが故に健康なベビーの出物は絶対に見逃せない、 キアシガメが入荷しました。 最もシンプルで耳馴染みの良いネーミングを持つリクガメのひとつ、キアシガメ。 彼の盟友として見事に対になっているのが皆さんご存知同じく南米のアカアシガメで、 なるほど確かに全体の配色はおおむね似通ってはいるものの、 最終サイズが異なるという点でキャラクターが被ってしまうのを防いでいます。 ものの本によれば最大甲長は60センチだとか80センチだとか凄まじい数字が目に留まり、 何でも世界で三番目に巨大なリクガメとしてカウントされているらしく、 つまりその上にはもうゾウガメぐらいしか残っていないことになりますから、 とても通常のペットとしては考えられないようなスペックになってしまいます。 しかしながら現実には30センチを超えた出物に遭遇できれば幸せといった具合で、 言い方を換えれば本当に大きく育てられるかどうかというチャレンジこそが、 このカメと暮らしていく中で味わえる最高の喜びなのかもしれません。 誰かが嘘を言っていると考えるのは不自然で、 アカアシにも棲息地域によって色柄のみならず体格にもバリエーションが見られますから、 もしかしたらこちらキアシにもロカリティによってサイズ差が生じる可能性も考えられますが、 まずは何も考えずにひたすら綺麗に育て上げることだけに集中し課題に取り組みたいものです。 今回やって来たのはまるでアカアシと同じような最高に可愛らしいベビーサイズで、 相方のアカアシよりもずっと黒目のみずみずしさが愛くるしい顔立ちが印象的です。 その昔キアシの方が神経質で育てるのが難しいといった噂が流れていた時代もありましたが、 結局は初期状態の良し悪しが全てを左右するようなところがあって、 このように華麗なスタートダッシュを切れている個体を手にしてしまえば、 酷く苦労させられるような場面に遭遇することもないでしょう。 既にMazuriリクガメフードを呑気にたらふく平らげており、 甲羅の湿り気にさえ留意すればほぼ自動的に理想的な成長が見込めると思います。 最後になりますがこのカメを稀少性なくして語ることはできず、 多くのファンにとって憧れの存在であったことは間違いありませんから、 こうして現物が目の前で歩いている時にこそ真剣にご検討下さい。

バブコックヒョウモンガメ
(S)

Geochelone p. babcocki
バブコックヒョウモンガメ(S)1 バブコックヒョウモンガメ(S)2 バブコックヒョウモンガメ(S)3 バブコックヒョウモンガメ(S)4 バブコックヒョウモンガメ(S)5
価格 \23,000
数量 残1
性別 -
甲長 12cm
子どもの握り拳ぐらいで出回ることが多い中ちょっと珍しく大人のそれぐらいあるモア安心サイズ! 葉野菜にしか反応しなかったものをフードへと完全移行させた最強の店内飼い込み個体たち、 バブコックヒョウモンガメが入荷しました。 末永く愛されるべきキャラクターであっただろうあのホシガメがパタリと姿を消して以来、 次世代の柄ものリクガメとして一際脚光を浴びているのがヒョウモンガメの仲間たち。 予め申し上げておくと最大サイズについては避けて通れない課題であるものの、 多くの人々が想像しているようなボリュームに到達することは極めて稀であり、 数十センチも半ばから後半になるケヅメであればまだしも、 そこまで手に余る巨体へと仕上げる方が却って難しいですから、 現実的には三十センチから四十センチクラスを想定しておけば後で驚きはしないでしょう。 話は戻りますが甲羅全体に色柄が描かれるようなそんな素敵なリクガメなんて、 世界中をぐるっと見渡してもそれほど豊富にいる訳ではなく、 本種は新参者なのかといえば歴史的にはホシガメと同等かそれ以上の実績を誇り、 昔から往年の銘種として長きに渡り活躍し続けています。 しかしながらかつて流通していたものは往々にして初期状態が芳しくなく、 誰もが等しく容易に育てられる種類とは言い難い面がありましたから、 そういう意味では昨今見かけるヒョウモンガメにはいくらか別人の要素が感じられます。 今日においてもスタートダッシュの大切さをよりシビアに考えるべきではありますが、 個体選びに気を遣うことで驚くほどの躍動感で私たちを楽しませてくれる素晴らしいリクガメのひとつです。 今回やって来たのは当店でも日頃から取り扱う見慣れたサイズよりも一回り大きめの二匹で、 どうせ時が過ぎれば大きくなるのだからとか、 ベビーから僅かに育ったぐらいではまだまだ心配という方にお勧めの出物。 輸入された一群の中から流石に健康体のみを選りすぐってはみたものの、 入荷当初は緑色の葉っぱしか口にしてくれなかったため、 根気良くケアを続けていたらMazuriリクガメフードだけでお腹いっぱい食べてくれるようになりました。 この大きさまで現地で暮らしていたという点もポイントで、 甲高のフォルムから歩く姿の凛々しさまで非常にスペックの高い優良物件です。

アラブギリシャリクガメ
(S)

Testudo g. terrestris
アラブギリシャリクガメ(S)1 アラブギリシャリクガメ(S)2 アラブギリシャリクガメ(S)3 アラブギリシャリクガメ(S)4 アラブギリシャリクガメ(S)5
価格 \16,000
数量 残1
性別 -
甲長 6,6.5cm
永遠の庶民派だからこそ初期状態にはうんと拘って選びたいあらゆる餌をもりもり食べる健康児揃い! 今やビギナーズトータスの座をヘルマンに譲ってしまったからこそ逆襲を誓いたい、 アラブギリシャリクガメが入荷しました。 かつてはリクガメの顔として数十年もの長きに渡り最前線での活躍を続け、 ロシアことホルスフィールドとのツートップで日本中に幸せを送り届けてきた、 誰しもが一度はお世話になったと言っても過言ではない功労者のひとり。 時代の流れ故に致し方ないところもありますが、 あれほど大量に出回っていた野生個体の流通量が激減してしまった昨今では、 養殖がコンスタントに進められているヘルマンリクガメにその座を取って代わられてしまい、 最近でも定期的に輸入はあるものの当時の勢いからすれば寂しい限り。 もちろんこれ以上の消費的な供給を避けるべきという向きが強くなってのことですから、 再び同じことを繰り返していてはいけないのですが、 ギリシャにはギリシャの魅力があることは誰しもが分かっていることですし、 いくらヘルマンが流行していてもギリシャ求むの声が耐えないのは事実です。 昔と今で変わったことといえば目にする頻度や市場における相場観の他に、 明らかな初期状態の向上も含まれていることを忘れてはなりません。 生体の取り扱いに対してより慎重になっている今日だからこそ、 それを手にする未来の飼い主にとってはメリットが多分にあり、 彼らの持つ様々な素質をより多く引き出してやるのが私たちの務めではないでしょうか。 今回やって来たのは最近よく見かけるシリアからの来訪者たちで、 群れの中からコンディションの良いものだけを特別に選び抜き、 きちんと餌食いを確認してから店頭に並べています。 更にはワイルドばかりなので細かな注文が付けられない中で、 少しでもサイズの小さなものをセレクトするように気を付けていて、 この二匹は普段入手できるものより一センチほど小さく収まっているため、 伸びしろが多くより可愛がって頂けることでしょう。 ヘルマン全盛の中でギリシャのファンが必ず口にするのが、 顔立ちがこちらの方が圧倒的に可愛らしいということ。 もちろん主観の問題なので好みはありますが、 きっとそれぞれがそれぞれの長所を以ってこの世界に君臨しているのだと思います。 どちらの個体もMazuriリクガメフードオンリーで育てられるだけの健康体でお渡しします。

ヒガシヘルマンリクガメ
(国内CBベビー)

Testudo h. boettgeri
ヒガシヘルマンリクガメ(国内CBベビー)1 ヒガシヘルマンリクガメ(国内CBベビー)2 ヒガシヘルマンリクガメ(国内CBベビー)3 ヒガシヘルマンリクガメ(国内CBベビー)4 ヒガシヘルマンリクガメ(国内CBベビー)5
価格 SOLD
数量 2
性別 -
甲長 4.5,5cm
いくらビギナー向けであるとは言えその快挙にはなかなか巡り合えるものではない感動の国産ベビー! ある種のリクガメらしいストレートな容姿を武器にメキメキと支持率を高めている定番の人気種、 ヒガシヘルマンリクガメが入荷しました。 いつの頃からか初めてリクガメを育ててみたいと思ったらこれで決まり、 そんな風に世間が口を揃えて評するようになったチチュウカイリクガメの一種、ヘルマン。 もちろん人間によって身勝手に無理やり与えられたイメージだなんてことはなくて、 実際に飼育してみると確かに日本の気候風土に合っていて大きな失敗が生じ難く、 最大甲長も手頃なボリュームで収まりますので無理がありませんから、 多くの場合思っていたのと違ったというがっかりな結果にはならないでしょう。 話は変わって全てのリクガメファンがヘルマンを一番愛しているのか、 本音を言えば他に好きな種類がいたりする場合にはあえてヘルマンを選ばなくとも、 初めから一番欲しかった種類を選ぶべきではないかと思うのですが、 言い換えると一番飼ってみたかった種類がたまたまヘルマンだったのであれば、 それは素直にラッキーだと考え喜んでヘルマンを選択すれば宜しいのではないかと思います。 最近ではテレビドラマの登場人物としてもフィーチャーされている本種ですが、 飼い易いと一言に言っても限度がありますのできちんとリクガメとして迎え入れる必要があり、 しかしながらリクガメを飼育するための作法を身に付けた状態であれば、 他の種類よりもリスクを抑えて互いに健康に付き合っていけるのは事実ですから、 これを機会に改めてヘルマンの持つ底力のようなものが世の中に浸透することを願うばかりです。 今回やって来たのはお客様により自家繁殖された兄弟で、 これほど騒がれている中で意外にも日本生まれのヘルマンというものは決して多くはなく、 流通の大半が現地からの養殖個体で賄われているために、 いつも以上に温もりのようなものを感じるのは私だけではないと思います。 甲長だけを見ればまだまだひよっ子と言われても仕方ないボリュームながら、 流石にクリーンな体なだけあって入荷直後からMazuriリクガメフードをもりもり食べ、 少し目を放した隙にグッと成長し厚みも出ていました。 片方の個体は本来五枚ある椎甲板が、なんと四枚になっていて面白いです。 見た目に小さ過ぎて心配という方にはもう少し育ったサイズが別で数匹在庫していますので、 気になった方は是非一度店頭まで足を運んでみて下さい。

ヒガシヘルマンリクガメ
(スロベニア産)

Testudo h. boettgeri
ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)1 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)2 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)3 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)4 ヒガシヘルマンリクガメ(スロベニア産)5
価格 \19,800
数量 4
性別 -
甲長 5.5〜6cm
シーズンオフの品薄感が漂う中でパリッと育った安心サイズが珍しいルートよりまとまって来日! いわゆるベビーのあまりにもか弱い雰囲気が心配な方にお勧めなふっくらとした程良い大きさの、 スロベニア産のヒガシヘルマンリクガメが入荷しました。 最近ではその名前を聞かない日はないと言っても良いほど、 今では立派なリクガメ界の絶対的レギュラーとして定着した業界のマストアイテム、ヘルマンリクガメ。 図鑑を見てもインターネットを見ても、 初心者向けのリクガメとして何処も彼処も口を揃えて本種を紹介しているほど、 自他共に認める実力者としてきちんと功績を挙げ続けているのですが、 何も野生のカメを片っ端からひっ捕らえむやみやたらに流通させているのではなく、 ペット的な需要を見込んで人の手によってきちんと養殖が進められ、 非常にクリーンな実例として成功モデルにもなっていると思います。 ヨーロッパの各地から自慢の我が子を送り出すように出荷されるヘルマンたちは、 きっとファームそれぞれの違いなのでしょう、 そのロットによって色彩や表情にいくつもバリエーションがあるだけではなく、 元いた牧場主の思いが詰まっているような気がして温かい気持ちにもなります。 正直我々としては店頭から消えてしまうことを容認することはできず、 常時ヘルマンの幼体が待機している状態を作ろうと働きかけているのですが、 やはり相手は生き物故に絶対約束できるものではなく、 しかしながらこうして新たな集団を迎え入れる度に、 微妙な個体差を感じながらまたヘルマンの奥深さに魅了されていくのです。 今回やって来たのはスロベニア産として輸入された日頃あまり目にしないタイプで、 何よりも初期サイズが新たな飼い主さんに対して大変親切なところが嬉しく、 店頭へ到着した次の日からいきなりMazuriリクガメフードを奪い合うようにして食べてくれた時には、 彼らを育んでくれた現地の恵まれた環境へ感謝しない訳には参りませんでした。 ここからは余談ですがスロベニアとは亜種ヒガシヘルマンとしての分布域最西部に当たり、 更に西側のイタリアへ赴けばそこは基亜種ニシヘルマンの担当エリアなのであって、 反対に最も東にはブルガリアという噂の大型個体群が潜む棲息地があるのですが、 あくまでも憶測ではあるもののヒガシとしては最も小型な部類なのではないかとか、 そう言われてみると甲羅の色合いも何だかいつもと違うように見えてきて、 こんなことを考えているだけで楽しい気分になります。 ちょうど春の陽気も感じられるようになってきた今日この頃、 季節を先取りしてリクガメの飼育を始めてみては如何でしょうか。

ニシヘルマンリクガメ
(ベビー)

Testudo h. hermanni
ニシヘルマンリクガメ(ベビー)1 ニシヘルマンリクガメ(ベビー)2 ニシヘルマンリクガメ(ベビー)3 ニシヘルマンリクガメ(ベビー)4 ニシヘルマンリクガメ(ベビー)5
価格 \36,000
数量 残1
性別 -
甲長 3.5〜4.5cm
ニシには珍しい小さめサイズながら早くもMazuriリクガメフードを爆食している期待の絶好調軍団! 初期状態としては申し分ない動きのキレが嬉しい初めての方にも安心のスペシャルセレクトたち、 ニシヘルマンリクガメが入荷しました。 過去十数年を遡ったとしても恐らく今現在が最高潮に達しているのではないかと思われるほど、 人気と知名度が爆発的に上昇しているリクガメの顔として活躍中のヘルマンリクガメ。 単にヘルマンとした場合には流通量が格段に多い亜種ヒガシの方が該当し、 無論シンプルにペットとして可愛がっていく分には何の支障もないのですが、 これが色や柄などに拘り始めるとそうもいかなくなるところが面白いです。 どちらが良いというのはあくまでも好みの問題ではありますが、 基亜種ニシヘルマンには傾向として濃厚な黄色味を呈するものが多く出現するとされ、 それについてももちろん地域差や個体差が見られるそうですが、 ヒガシとして典型的なあっさりとした雰囲気ではなく、 どちらかと言えばこってりとした風貌が印象深く映ることでしょう。 それが人によっては美しさという評価に繋がるばかりではなく、 世界的な需要を満たすための莫大な頭数を養殖によって賄うヒガシとは異なり、 主にあちらの愛好家らによってコツコツと殖やされていることの多いニシは、 頻繁にそれも数多く見かけられる機会があまりないせいか、 やはりその稀少性も相まってプレミアムなイメージが付与されているようです。 今回やって来たのは定番のヒガシでこの頃見られるベビーサイズに近い、 手の平に載せてもスペースが余ってしまうほどの可愛らしいおチビたち。 取引価額の影響もあるのかもしれませんが、 大抵のニシヘルマンは一年近く育てられたカッチリサイズでお目見えすることが多く、 それはもちろん単に安心材料として好意的に受け入れられるのでしょうが、 何処か楽しみが奪われてしまっている感も否めないと思います。 ただし重要なのは絶対的な体の大きさではなく中身の質であり、 ハイテンションで走り回り他人の餌まで奪い取る姿を見るに、 彼らの健康面や生命力を心配するのは失礼に当たるぐらいのものです。 現在店頭ではニシもヒガシも横に並べて見比べられるようになっていますので、 このチャンスをお見逃しなく。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.