携帯用サイトはこちら

ようこそ、ハープタイル ラバーズへ!!

現在取り扱い中のリクガメです。リストに無い生体でもお探し致します、一度お問い合わせ下さい。

Top Blog Twitter Turtles Tortoises Snakes Lizards Geckos Others Books Foods Goods Info

ご注文・お問い合わせはこちらから

過去売り切れリストはこちらから


店内在庫リスト(シンプルver.)
店頭にて販売している生体の一部を、簡易的にリストアップしました。
ここに掲載されていない個体についても、順次アップデートします。
本リスト下部の、詳細な在庫リストと合わせてご参照下さい。
内容はほぼリアルタイムで更新されますのでご安心下さい。
名称(和名・品種名など) 価格 数量 性別
(-・♂・♀・Pr)
サイズ
(S・M・L)
画像
(別ウィンドウで表示)
ケヅメリクガメ \36,000 1 - M (1)(2)
ヒョウモンガメ / ケニア産 “ホワイト” \28,000 1 - S (1)
ヒョウモンガメ / ケニア産 “ブラック” \29,800 1 - S (1)
New! イベラギリシャリクガメ \24,800 3 - S (1)(2)(3)
New! ヒガシヘルマンリクガメ \19,800 3 - S (1)
ヒガシヘルマンリクガメ \19,800 5 - S (1)(2)(3)
ヒガシヘルマンリクガメ \19,800 2 - S (1)
ヒガシヘルマンリクガメ \28,000 1 M (1)
ヒガシヘルマンリクガメ \28,000 1 M (1)(2)
ヒガシヘルマンリクガメ Pr\68,000 1 M (1)(2)
ニシヘルマンリクガメ \48,000 1 L -
ニシヘルマンリクガメ \48,000 1 L (1)
ご注文・お問い合わせはこちらから

アカアシガメ
(ハイカラー・チェリーヘッド)

Geochelone carbonaria
アカアシガメ(ハイカラー・チェリーヘッド)1 アカアシガメ(ハイカラー・チェリーヘッド)2 アカアシガメ(ハイカラー・チェリーヘッド)3 アカアシガメ(ハイカラー・チェリーヘッド)4 アカアシガメ(ハイカラー・チェリーヘッド)5
価格 SOLD
数量 2
性別 -
甲長 6,6.5cm
この数年で取り扱った中でもトップレベルのクオリティで魅せるリクガメ界で唯一、赤を用いた美麗種! 見た目の印象から受ける先入観をリセットし肝心のカメ本人と向き合うことで見えてくる本質をお楽しみ頂きたい、 チェリーヘッドのアカアシガメが入荷しました。 古くはアカアシリクガメとも呼ばれていた南米を代表するリクガメのひとつで、 それこそリクガメらしからぬ奇抜なカラーリングが持ち味の変化球的な存在、 であると誰しもがそう感じてしまうのは世間で広まる彼らに対する評価も然ることながら、 やはり他ではまず見られないトロピカル過ぎる配色が勝手な偶像を創り出してしまうからに違いありません。 事実、リクガメとして最もベーシックだとされるヘルマンやギリシャ、 そしてケヅメやヒョウモンといった古典的な種類と比べれば、 名前が赤足で顔面が真っ赤に染まったカメをいきなり見せ付けられては、 驚くなという方に無理があるでしょう。 如何なる稀少種にまで視野を広げてみてもはっきり赤だと分かるボディをしたリクガメは唯一無二、 そして熱帯雨林に棲息する湿潤系であると紹介されてしまえば、 本種のことをスタンダードなリクガメだと認識するのはもはや不可能に近いと言えます。 ただしリクガメという生き物の正しい扱い方、育て方を知り、 リクガメとは何かというルールや理論を学びそして身に付けることで、 少なくとも私にはこのアカアシが非常にリクガメらしいリクガメに見えてくるのです。 少し分かり易く例えるのなら多くの人々が考えているほど、 先に挙げたベーシックだとされる各種はそれほど乾燥を好んでいる訳ではなく、 一方でアカアシは多くの人々が考えているほど多湿にする必要はないということです。 たったひとつの要素を抜き出しただけでそもそもの基準に誤りがある可能性が考えられる訳ですから、 一旦全ての思い込みをきっぱりと捨て去った上で何も考えずカメに語りかけることができれば、 彼らが私たちに対し本当に伝えたかったメッセージが聞こえてくると思います。 今回やって来たのは広大な分布域から豊富なバリエーションを持つことで知られるアカアシガメより、 この十数年に渡り第一線で活躍を続けアカアシの名を世に知らしめた一番人気のチェリーヘッド。 どちらも目を見張る美個体揃いで、 一方は背甲の明色部が広い上に全体が淡く色抜けした可愛らしいデザイン、 そしてもう一方は頭部および前肢がブラッドレッドに染まった攻撃的なデザインと甲乙付け難い仕上がり。 適切な飼育環境では大変よく動き回り見る者を飽きさせず、 食生活や日頃のメンテナンスについても意外とシンプルなお勧めの一種、 詳しいコツやテクニックは店頭にてお伝えできれば幸いです。

バブコックヒョウモンガメ
(ホワイト・♂)

Geochelone p. babcocki
バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♂)1 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♂)2 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♂)3 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♂)4 バブコックヒョウモンガメ(ホワイト・♂)5
価格 SOLD
数量 1
性別
甲長 25cm
いわゆるホワイトヒョウモンと呼ばれる明色部の際立った美麗タイプ! この個体は天高くそして滑らかに盛り上がったシルエットの美しさも然ることながら、 人の顔を見るとまるで子犬のように後ろをついて歩いてくるほどの人懐っこさが素晴らしく、 本当に家族のように親しい間柄で末永く付き合っていけると思います。 メスよりも小振りなオスですから、最大でも三十センチ少々にしかならないと考えられ、 ケヅメやゾウガメのようにあまりにも巨大なリクガメは手に負えない、という方にもピッタリ。 食生活は当店で販売しているMazuriリクガメフードオンリーで大丈夫な、状態抜群の絶品です。

キレーネギリシャリクガメ
(S・♂)

Testudo g. cyrenaica
キレーネギリシャリクガメ(S・♂)1 キレーネギリシャリクガメ(S・♂)2 キレーネギリシャリクガメ(S・♂)3 キレーネギリシャリクガメ(S・♂)4 キレーネギリシャリクガメ(S・♂)5
価格 SOLD
数量 1・1
性別 -・♂
甲長 8,12cm
嘘みたいなネーミングながら本当に綺麗なギリシャとして密かな人気を誇る年に一度会えるかどうかの稀少種! 入荷して暫く経過し有難いことにすっかりMazuriリクガメフードにも順応した状態最高の二匹、 キレーネギリシャリクガメが入荷しました。 今でこそヘルマン一強であるかのように持て囃されてはいますが、 かつてリクガメの定番種といえばギリシャとロシア、 このふたりの存在がなければ今日のリクガメ飼育は成立しなかったのではないかと思われるほど、 大変な功労者として長きに渡り日本中、いや世界中で活躍を続けてきたうちの一方。 今でこそ違和感に直ぐさま気が付ける訳ですが、当時は最も飼い易いビギナー種であるとされ、 仮にロシアことホルスフィールドがそうであったとしても、 リクガメ全種中最も広大かつ多様な分布域を誇るであろうギリシャについては、 その暮らしぶりも多彩であり一通りの扱い方でもれなくフィットするはずもありませんから、 私たちはそこに潜む罠にもっと早く気が付くべきでした。 そんなこんなで目の前に並んでいたいくつかのタイプがひとつ減りまたひとつ減り、 膨大な亜種を抱える点が最大の売りであったギリシャは、 いつの間にか余分な肉が削ぎ落とされたかのようになり、 いつ見ても同じような姿をしたギリシャリクガメへと画一化されてしまったのです。 それは取り扱う人間側が豊かな資源を活用し切れなかったことと、 同時にそういった資源を継続的に利用し続けることが現実的でなくなってしまったこと、 つまり手に負えなくなったり輸出入が困難になったりが重なってこのような結果を招いたと考えられます。 話は戻りますが今日ではファーストトータスとしてヘルマンの力が圧倒的に強くなり、 もはやギリシャの出る幕ではないのかとめそめそ嘆いていたところへ、 その昔世間を騒がせた懐かしのアイテムが突如目前に現れたりすると、 無意識のうちに興奮させられるのは私だけではないと思います。 今回やって来たのはキレナイカの愛称でもお馴染みのアフリカ大陸北部に産するとあるギリシャで、 ここから育て上げるのが楽しみなスモールサイズと、 頭部の妙な黒さがどうしても気になるクールなオスをチョイスしました。 両個体に共通するのは背甲の黒斑がなるべく多く、 そしていずれ細かく散らばってくれるように願いを込めたところ。 フルサイズのワイルドにしばしば見られるあのペインテッドな仕上がりこそキレナイカ、 上品な佇まいの中にあえて野性味を織り込んだ独特のデザインは本亜種ならではと言えます。 動きのキレは申し分なく、どちらもMazuriリクガメフードのみで育てられるよう調整済み。 詳しい育て方の肝は店頭にてお伝えします。

過去売り切れリストはこちらから

ご注文・お問い合わせはこちらから

Copyright (C) Since 2009 Herptile Lovers. All Rights Reserved.